幕裏の妖怪

アクセスカウンタ

zoom RSS どんだけ

<<   作成日時 : 2017/12/21 14:28   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

10pある今季初めての積雪を、除雪用スコップで庭の隅に寄せる。

私の視線は、黙々と足下しか見ていない。

歩道を確保し、振り返って気がつく、松の枝にこんもり積もる雪。

枝をスコップで揺さぶると、ドサドサッ と雪の固まりが落ちて散らばる。

除雪のやり直しである。

掃除・除雪は高いところからするというキホンを、毎年忘れて同じ失敗を繰り返す。

私は学習能力がない。


雪が降る頃になると、スズメたちの腹を満たすものが、めっきり少なくなるだろう。

ついこの間まで、楓の小枝と葉の境辺りを、ヒヨドリと争いながら、頻りに突いていたスズメだが、それも尽きたようで、電線の上で羽を膨らませ並んでいる。

そんな姿を見上げると、スズメと目が合う(ような気がする)。

「今季も期待してますからね」 というスズメの気が伝わってくる(ような気がする)。

今年の1月から3月まで、ブンちゃんが食べない餌を、スズメたちに分けてあげていました。

隣の家の軒に住んでいるスズメ一家は6羽だと思っていたら、餌を食べに来るスズメの数が日ごとに増え、本気モードで喧嘩を始める賑やかさだった。

春になると、虫や植物などが出て、食べるに困らないだろうと、餌を止めたのですが、こちらの意向がスズメに伝わるはずもなく、普段ならスズメが近づかない台所のガラス戸ギリギリまで飛んで来て、「食べ物くださいよ」と訴える勇敢な(無謀な)1羽もいました(間違いない!)

よって、今季の初積雪があった日から、前回同様のやり方で、餌を置くことにしました。

1日目は、食べに来る様子がありませんでしたが、翌日から、隣のスズメたちと見受ける5羽が来ました。

大きな器ではないので、食べているスズメの後ろに順番待ちしている姿が面白い。

当初は、スズメの姿を確認したくて、台所からよく見える場所に餌を置いていましたが、カーテンを開けるたびに逃げる姿がかわいそうなので、少し離れたところに餌場を移動しました。

そうしたら、本日、10羽以上のスズメが来ていて驚き。

スズメもLINEで情報交換していたりしてᆢᆢᆢᆢ餌が絶対数足りません。

悩ましいです。
画像

スズメも野鳥なので、私に写真を撮られるほどボンヤリしていません。
この容器は直径8cmくらいのもので、餌の量は少なめですから、大勢で飛来したら、あっという間になくなります。


本日、買い物の帰り道、空気が澄んで山並みがくっきりしていたので、スマホのカメラで撮りました。
画像


この山脈から何の障害物もなく吹き降ろす強い西風が、冬の悩みです。
どんだけ田舎か、おわかりになりましたでしょう。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どんだけ田舎か〜〜〜 夫の田舎と似ているような、、、うちの方が、もっと山が近くにあって囲まれ感があるな〜と、最後の写真を眺めておりました。

スズメの観察、定点カメラでもあると面白そうですね。列を作って並んで食事を待つなんて、見てみたいです。年功序列とか、派閥とか、あるんでしょうかね〜

除雪の毎日、本当にお疲れ様でございます。足に、腰に、背中に、、、いろいろと負担が大きいと思います。どうぞお大事になさいませ。
yu_mama
2017/12/22 10:59
yu_mamaさま ありがとうございます。
人間の生活空間に近い距離でいるスズメですが、さすがに触ったことがなかったので、子供の頃の私は、その捕獲に躍起となっていました。(ザルとヒモと割り箸で)
ふわふわしてカワイイです。だからスズメ科の文鳥も好きなのです。
田舎の風景写真ですが、実際のクリアさが写真では半減してます。のどかな風景というのでしょうが、こういう澄んだ晴天は長く続きません。私が住む地域は、平野の真ん中ですから、高い山といえば、この奥羽山脈です。
yu_mamaさまが、6年前にいらっしゃった温泉は、この山並み北側にある山間部であります。
おそらく、高速道路を出て温泉地までの道路を走行しているとき、心細くなったのではないでしょうか(笑)
温泉は、湯は、一流なんです。再度いらっしゃる時は、お宿を、新しい処になさってくださいませ
カラス
2017/12/22 15:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
どんだけ 幕裏の妖怪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる