幕裏の妖怪

アクセスカウンタ

zoom RSS バスに乗る

<<   作成日時 : 2017/10/25 15:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

通勤通学などで公共交通機関を毎日利用していると、様々な状況に遭遇します。

私が会社員だった頃は、毎朝高校生で満員の路線バスにくたびれ、帰りのバスでは、居眠りをしたり、ボンヤリして、車内に忘れ物を頻繁にしていました。

そんな私が、いまだに移動手段としてバスを頼っているのは、新幹線の高架橋がすぐ近くを通っていても、最寄り駅が近くにない地域に住んでいるからです (大抵の大人は自家用車です)



以前、高速バスの停留所のことをブログに書きました。

現在の私は、高速バスをよく利用しています。

自宅から停留所まで2キロ近くあるので、家から自転車で行きます。

この場所は山を切り開いて道を通しただけなので、蛇や虫は当たり前に生息しています。

停留所下にある駐輪場にも、ワンサカ蜘蛛の巣が張り巡らされています。

これが、大の蜘蛛嫌いの私にはチョットしたストレスで、その姿をなるべく視界に入れないで駐輪するよう努めています。

駐輪場には、放置自転車も数台あって、埃と蜘蛛の糸に塗れています。

帰路、駐輪場に寄って自分の自転車を引き出そうとすると、しっかりハンドルに蜘蛛の糸が張ってある。

ちょっとの間にも、蜘蛛は周りをよく見て、しっかり仕事をしているのです。

もちろん、「なにすんだよ」 と糸を切ります。

画像

駐輪場から高速バス下り停留所への坂道です。
数年前まで、『へびが出ます』 という立て札がありました。


夕方の下りのバスは、学生で満員になるので、出来るだけその前に用事を済ませて帰るようにしていますが、乗り遅れて16時台のバスに乗ったことがありました。

駅から二つ目のバス停で乗った時点で、二人掛け席の通路側が数席空いている状態でした。

席に荷物を乗せている乗客が多いので、ずんずん奥まで進むと、一番後ろの5人まで腰掛け可能な座席の真ん中に、大股開きの20代〜30代くらいの体格がいい男性が腕組みをしてドッカリ座っていました。

男性の両サイド4席が空いてるので、「ちょっといいでしょうか」 と脇を通して欲しい旨伝えたのですが、無言で表情ひとつ変えず微動だにしない男性。

私は仕方なく後戻りしながら、荷物の移動を願って学生らしい男性の隣に座りました。

学生も大きなリュックサックを抱きかかえていたので、かなり窮屈だったと思います。


次のバス停から乗って来た私と同年代とお見受けする女性が、やはり最後尾席の大股男の脇を通してもらおうと話掛けていたようですが、埒が明かず諦めた様子。

私は振り向く勇気もないままその気配に緊張していました。

じつは、その三週間ほど前に、同じ路線のバス内で、110番通報するようなトラブルで乗客が足止めされた事例があったので、良からぬことを連想しました。


その先、大学が近くにある地域を通る度に、たくさんの学生が乗り込んで来るので、私の緊張はMaxになったのですが、学生たちは慣れているのか、車内の様子を一望すると、バタバタと通路に補助席を出して座ります。

新たに乗って来る人の数を見て席が足りないと分かれば、さらに奥に進んで補助席を出していました。

そんな中で、ひとりの女子学生が、座っていた補助席を畳んで、一番奥の大股男の脇をギリギリ抜けて窓際に座ったではありませんか。

怖いもの知らずなのか?

スリムな体型に自信があったのか?

大股男も、オバサンはダメだが、若い女子ならよかったのだろうか?

わからないが、とにかく、夕方のバスには極力乗らないと、オバサンはココロに刻んだのであります。
































月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうのって、ムカッ腹立ちますが、最近の日本では正しいことをいうと逆ギレされる事件がありますので、みんな黙ってみなかったこと、なかったことにする傾向にありますね。
なぜ、人への配慮ができない大人に成長するのでしょう。とくにこういう人が多くなったように感じるのは、たぶん私が年をとったせいだと思うことにしていますが、なんだか殺伐とした世の中で、未来を憂いてしまうオババです。

高速道路上で、追い越しされたとか、追い越し車線をトロトロ走っていたとか、進路変更を邪魔されたとか、、、、そういうことで簡単にキレて、死亡事故(事件)にまで至ることを思いますと、うかうかと主張できない気がしますね。
要領よく生きなければならないっていうことでしょうかね。

蜘蛛は、私も嫌いです!
へんな輩が、クモの巣を張るように縄張りに人を寄せ付けないという、、、奥の深さに、秋の夜長のカラスさんの物思いにふける姿を想像してしまいました。
yu_mama
2017/10/27 12:34
yu_mamaさま ありがとうございます。

そうかぁ〜 蜘蛛の巣は縄張りだから、(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪ 深い?ですね(笑)
書いた本人は無意識でした。


本日は、昼過ぎ発車のバスに乗って帰ってきました。空いていると、安堵します。
多くの学生は、イヤホンをしてじぃぃーとしているか、寝ています。
オバサンの二人連れは、ずぅぅーとおしゃべりをしています。
外国人の集団は、我が家にいるように大声でしゃべり倒しています。
それでも、不審な人がいるよりいいです。

ん?‼ そうか、あの女子学生は、大股蜘蛛の巣に、まんまとひっかかってしまったのかもしれません。
これは事件です。
カラス
2017/10/27 16:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスに乗る 幕裏の妖怪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる