幕裏の妖怪

アクセスカウンタ

zoom RSS あさどら

<<   作成日時 : 2017/09/01 15:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

NHKの朝ドラ『ひよっこ』 を見ています。

なかなか面白いと思っています。

フィクションですから、いろいろ目くじらたてて感想を言うこともないのですが

朝ドラと大河ドラマだけは、世間が放っちゃいない現状なので、本筋とは別なものでも批評されるようです。



そこで私も一句ならぬ、チョット独り言呟きたい。

主役とその家族に関しての説明は、始まりから描かれていますが、回を追う毎に広がる登場人物については、詳しく描くことが出来ないので、ナレーションか何かで説明することがあるだろう。

それでも第三者的に語ることが難しい部分については、無理矢理にでも場面をつくって語らせてしまうことがあるかもしれない。

それは仕方ないことだが、あまりに不自然だ(態とらしい)と、不信感につながるってことはないだろうか。

私だけか



私がこのドラマで気になっていたのは、主人公が勤める洋食屋の店主の孫(料理長の娘)のことだ。

この登場の仕方が感じ悪いったらありゃしない。

視線はいつも定まらず、阿婆擦れやヤンチャにも成りきれず、可愛いらしさもない。

「ヤンチャだけど、子供の頃にお母さんを亡くして、いろいろ大変だった」 に ウヤムヤにして拗ねてみたとて、説得力の欠片もない。

それでも無理矢理ドラマの中心に入り込んで、いつの間にか(私が見ないでいるうちに)仲間のようになっているというのが解せない。

現実社会は、つくりものより奇なり な部分もあるけれど、説明臭くて爽やかさがない。

爽やかでなくていい?

ああ、そうですか。

NHKのドラマは、「絶対悪」をつくらないですからね。

黙って見てろっということですね。ハイ。


それにしても

主人公とお友達

高校卒業して間もないというのに、なんて大人なんだ。(セリフがオトナ)

しっかりしている娘 でございます。

このような若者がいないわけではございませんが、自分の若い頃を鑑みると、穴を掘って入りたくなります。

誰が「ひよっこ」なのかわかりませんが、いつも感心しながら見ております。

やさしく説教されています。








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
海外暮らしになってから、熱心に朝ドラを観るようになりました。今回のテーマは、私の数年前の先輩たちの暮らしぶりなんだな〜と思って、見ています。(テーマったって、私にとってのテーマでして・・・笑)
集団就職というのは、よくわかりませんが、東京の下町では、こういう生活があったんだろうな〜と思ったり、ビートルズ、ツイッギー、ああ、懐かし〜い、ミニスカートといえば、あの時代には、母までもがスカート丈を少し短くしていたっけな〜と思い出したりしています。私が小学生から中学生の頃の東京ですが、ステーキが500円だったんですね〜なんて思ったりして、そういう楽しみ方をしていますが。
ストーリーとしては、何が言いたいんだか、さっぱりです。
yu_mama
2017/09/05 17:17
yu_mamaさま まことに、ありがとうございます。

私がまだサルだった頃、美味しいものに一番関心があった時代です。
ミニスカートを見ると、当時に比べ日本人の脚もスルリときれいになったもんだと感じます。
私はビートルズ世代ではありませんが、のちにレコードを買いました。
いつの時代も、東京は日本人の憧れです。最先端のものが揃うというステータスが、眩しいのです。
私は今でも、「おら、東京さ行くだ」の感覚です。
カラス
2017/09/06 11:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
あさどら 幕裏の妖怪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる