幕裏の妖怪

アクセスカウンタ

zoom RSS いちじく

<<   作成日時 : 2017/08/10 22:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

近年、暴風雨警報、避難勧告が頻繁に発令されます。

豪雨災害で被災された地域の皆さまに、お見舞い申し上げます。


私が住む地域は、2年前の秋、水害に遭いました。

私の家ある一帯には、水が上がりませんでしたが、近隣の低い土地では、床上浸水の被害がありました。

そんな時、ドンさんが救急車を呼ぶ事態になったのです。

雨が強く降っていましたが、警報が出る前だったので、病院にたどり着くことが出来たのです。

国道の所々が不通になったので、1時間遅かったら、病院に搬送出来なかったと思われます。

地域全体に避難指示が出されました。市の広報車が避難を呼びかけていたようですが、窓をしっかり閉めていると、広報の内容を聞き取ることが出来ません。雨風が激しくなると、広報の声も飛んでしまいます。

大震災以降、市からの 『災害に対する緊急速報』 システムが確立し、エリアの携帯電話所持者全員に緊急メールが入るようになりましたが、最終的には、やはり人が頼りです。(近所で声を掛け合うなど)



先週末から今週にかけても、大きな台風が日本列島をゆっくり通過していきました。

こちらでは、強い雨が降ったものの、強風は免れたようです。


でも、我が家の庭にある 無花果の木が、根から倒れてしまいました。

いつ何時倒れたのか、私、気づきませんで、勤めから帰った家族に知らされました。

車庫に行く通路に覆い被さって倒れたため、暗い中、枝葉を切る作業をしました。


無花果が実をつけるようになったのは、6年ほど前で、年々木の枝ぶりが大きくなるに従って、実の数も少しずつ増え、やっと昨年は全部で10個くらいの収穫でした。

ところが、今年、枝の伸びが良いと思ったら、なんと30個以上実がついているのです。

石が混じった硬い土であるために、根が深く伸びていないし、幹が細いのに加えて、無花果の大きな手の平のような葉っぱに雨水が溜まり、その重さに耐えられなかったのではないかと思います。

木が倒れる前日、無花果の枝が、あまりに伸びてきたため、ちょっとだけ切ろうと枝に触れたところ、かなりの量の雨水を頭からかぶりましたから。

画像


画像


実が付いたところから先だけ枝を切りました。無花果の新しい枝は、柔らかいので簡単に切ることが出来ますが、茎を折ると、そこから白い樹液が出てきて、顔にかかったたりします。

幹は折れていないようなので、実が大きくなるまで、このまま様子を見ようと思います。

ハクビシンとの戦いは継続です。


この無花果の木には、毎年、アブラゼミの抜け殻がたくさん付いています。

今年も、3つほど殻が葉にシカッと張り付いていました。

そして、成虫になったばかりであろうアブラゼミも、腹を上にしてひっくり返っていました。

まだ、「ミィーン」 も 「ビィー」 も鳴かないうちに、死んでしまったのかもしれません。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
厄介な台風でしたね。関東は直撃を免れ、かなり暑くて死にそうだっただけで、無事に逸れましたが、そちらには影響が大きかったのですね
天変地異、なんだか地球が怒っているようです。中国の世界遺産にも大きな地震があって、とんでもないことになっているようです。あそこ、1度は行ってみたいと夫が申しておりましたところですが、私は中国内を旅行する気もなくて断り続けていたところです。これで行くこともできなくなりました。

イチジクは、そのまま熟すのでしょうか。せっかくたくさん実をつけたので、味わいませんとね。
yu_mama
2017/08/10 23:17
yu_mamaさま ありがとうございます。

中国の様々な災害の報道がありますと 、先ずは州が気になります。大きな国ですと、災害も大規模であることが少なくないでしょうから、心配です。

イチジク、実の数を確認しましたら、大小50個以上ありました。まだ3日しか経っていないので、わかりませんが
、全てを大きくすることが難しくても、見守り隊。
カラス
2017/08/11 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
いちじく 幕裏の妖怪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる