幕裏の妖怪

アクセスカウンタ

zoom RSS 触発される

<<   作成日時 : 2017/03/28 00:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

センダイにある老舗の青果専門店。

県内に住むオトナであれば知らない人がいない創業120年というその店は、田舎者の私からすれば、贈答用の高級果物を扱う店というイメージしかなかった。

今年のはじめ、センダイの方からその店の果物の詰め合わせを頂いたのですが、すぐに食べてしまうことがモッタイナイので、しばらく仏壇に供えていたという貧乏性の私です。

そんな私に、前記事に書いた友人が、その青果店で食事がしたいと言う。

「食事とな⁉」 

市内で複数の青果店を展開するその店が、生ジュースのスタンドを併設していることは知っていましたが(私のお気に入り) 、食事が出来る店があることを私は知りませんでした。

友人の知り合いが、その店で食事をしたと聞いて、興味をもったらしい。

友人より少しセンダイを知っていると思われる私であるが、最近の情報には疎いもので、早速ネット検索をしてみたれば、その青果店の店舗数の多さに驚くと共に(6店舗くらいと思っていたら2倍以上あった ) 、洋菓子コーナーも充実し、軽食を出している店舗もあることを知る。

私の頭は、40年近く前のイメージで止まっていたのです。

いつも友人にお世話になってばかりいるので、ココはなんとかせにゃならんと、その食事が出来るカフェとやらに予約を入れ (予約が必要だった)、行って来ました。


検索の画面を印刷した地図を片手に、カフェがある本店に向かうが、私が高校生の頃の面影がなくなったマンション等が建ち並ぶ広い通りを見上げているうちに、迷ってしまった。

交差点を渡るか否か迷っていると、友人が  「あそこ」と指をさす。

おぉ、検索の写真で見る店が、向こうの交差点角にあるではないか。

予約ギリギリながら入店できてホットとしていると、店の人から 「予約が入っていません。 店を間違えたのではないでしょうか?」 と言われ、褪せった。

近くにも軽食を出す店舗があって、間違える客が偶にあるという。


しかし、よく調べて頂くと、間違いなく予約が入っていたことが判明し、カフェの片隅に通してもらえた。

カフェという形態だから、店内の座席数は12程度。季節によっては、店先にカフェテラスを展開しているらしい。

フルーツパーラー目当ての人もいるのか、客のほとんどは女性、特に若い人が多い。

隣席の学生風の女性2人が、「恋バナ」を語っている。

チカラがこもった会話の一端が小耳に入って苦笑い。

私たちは、ランチメニューの温野菜コースを食べました。

蒸した野菜は、皆甘く美味しいかった。

店のオリジナルソースやマヨネーズも美味しく、真似て作りたいが、未だ道遠し。


食事の帰りに、デパ地下にある青果店の支店に寄って、新鮮な野菜を買い込み、早速、蒸し野菜を作りました。
(直ぐに触発されるタイプ)

偶には、こんな刺激もいいものです。























月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒヤッとしましたが、無事に席につけてよろしゅうございました。想像するだけでも、とてもおしゃれで美味しそうなカフェのテーブル模様が目に浮かび、よだれが出そうです。
周囲の恋バナが耳に入ってくるくらい、静かな口調でぽつりぽつりと話すお二人のことも、なんとな〜く目に浮かびます。私の知っている仙台とは、もうすっかり違うのでしょうね〜。
yu_mama
2017/04/05 23:22
yu_mamaさま ありがとうございます。

ほんと、来店時、予約されてないと言われたときは、どきっとしました。カフェと言っても、店内の青果と洋菓子の販売スペースの片隅にテーブルを並べただけで、お洒落なものではありません。おそらく、冬期外のカフェテラスが 狙いなんだと思われますが、私は車や人が行き交う処で食事をすることには積極的になれません。
ただし、新鮮な青果物の味を生かした料理は好感が持てます。自分の食生活に活用したいと思います。
狭いので、隣のテーブルが近いことも気になります。女性は夢中になると周りを気にしないことが多いですが、隣から入り込んでくるコトバに、チョット、こちらの会話が途切れてしまうと(チカラ負け)、食べることに切り替えるしかありません(笑)
カラス
2017/04/06 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
触発される 幕裏の妖怪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる