幕裏の妖怪

アクセスカウンタ

zoom RSS 院内文庫

<<   作成日時 : 2017/01/28 21:46   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

よく利用していた公立図書館が、建て替え工事のため休館中。

ドンさんが再入院し、再手術を受けた時も、待ち時間用の本がないので、ぼぉぉーとしたり、居眠りをしちょりました。

あるとき、フト、病棟待合室に置いてあるカゴに記載された『○△文庫』という文字を見て気づく。

そういえば、あったじゃないかぁ〜

この病院の1階フロアに図書コーナーがあり、診察待ちの人や入院患者が自由に本を手に取っている。

児童用から一般用まで、棚に並んでいる分だけの目測でも200冊以上はあると思う。

おそらく、寄付された本によって成されているのだろう。

身動きが不自由な入院患者には、貸し出しや返却をサポートしてくれるシステムもある。

これまでドンさんの外来で何度も来院しているものの、車椅子を補助する私は、一度も棚に手を伸ばしたことがなかった。

棚に並ぶ背表紙の中に、群ようこさんの名を見つける。

十年くらい前まで群さんのエッセイを好んで読んでいた。

人差し指を伸ばしてクイッとその文庫本を引き寄せ、未読のものであることを確認。

しおりひもが短くボサボサになるほど多くの人に読まれたらしい群さんの本を

ムフフ、借りて行こう。


院外への持ち出しは認めていないかもしれないが

頻繁に来院するので、すぐに返します。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
院内文庫 幕裏の妖怪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる